こんにちわ。

サラリーマンしてると、新人くんに仕事を教えることって多いですよね。

 

現在2017年の夏で、五月病退職ラッシュを終えてパリピが騒ぎ出す時期になりました。

暑いなか、まだまだ社会人1年生に仕事を教えることが多くあります。

 

人に教えるのって、難しいです。

「何を教えたらいいのかわからない」

 

そうおっしゃる先輩方を何人か見てきました。

 

教え方が下手なばかりに、若者たちは自信を無くして退職してしまう・・・

そんなシーンもありきな世の中。

ヤバいですよ~。

 

教える人は、教えるべき事が常識になってることが多いです。

 

自分が先輩から教えられたこと、学んできたことが常識になってしまうんですよ。

 

「良き社員になるために」と「意識を高め」

いつの間にか「意識が無意識となり」、「無意識は習慣となります」

 

習慣を繰り返すうちに、感覚的にやってしまう「常識」の完成です。

 

意識→無意識→習慣→常識

 

 

常識になると怖いです。

「こんなこともできないのか!?」

って感じのかな~り傷つく言葉が出てきてしまいますからね。

(僕も社会人1年目は何度も泣かされました。本当に嫌でした・・・)

 

で、今回お伝えしたいのは、上手に新人くんに教育をするために、

常識になってしまっている教えるべき「事」を

無意識の中から掘り起こす方法です。

 

自分の脳みそこねこねしてマニュアル作成はできませんからね。

 

 

さて、その方法ですが・・・

 

ブレインダンプです。

 

ブレインダンプとは、ブレイン(脳)の中の情報をダンプ(表示)することで、

プロのコピーライターも実践している言葉の発掘法です。

 

ダンプカーに積んである砂利をザーッと一気に流すイメージで、脳の中に記憶されている情報をザーッと出し尽くすような感じですね。

 

どうやるのかというと・・・

ブレインダンプするテーマを決めて、紙とペンを用意します。

あとはひたすら思いつくままに書き出すだけです。

考えてはいけません。

思いつくままに書き出すんです。

 

キッチンタイマーとか使うとなおいいですね。

5秒に一回鳴るように設定します。

 

5秒に一回・・・5秒に一回・・・

と追い込むことで、自分に考える余裕を与えません。

 

 

意外と言葉ってのは脳に入ってるので、慣れてくるとどわーーーーーーっと出てきます。

 

 

僕は以前、人生の100のリストというものを作りましたが、このリストもブレインダンプで作りました。

 

※人生の100のリストについては、こちらの記事で解説しています。

人生の100のリストを作ってみよう!

 

 

「潜在的に自分がやりたいと思ってること」をテーマにして書き出したんです。

 

こんな感じですね。

 

この裏面にもどわーーーーっと書かれています。

 

 

こんな感じで、教えるべきテーマを決めてブレインダンプで書き出してみてください。

 

そうすることで、新人くんに「最も適した内容」を教えることができます。

 

 

書いて書いて書きまくることで、昔の自分を思い出すきっかけにもなるかもしれませんね。

 

いつかその新人くんに、昔のことをBarで一杯やりながら語ってあげてください。

そういうのって、励みになったりもするんですよ。

 

 

あ、ガミガミ細かいこと言うのはやめてあげましょう。

長い目で見守ってあげてください♪

 

 

おしまい